二代目備忘録

適当に勉強した事を忘れないように講座風に書き留めたりするブログ。

Blender備忘録8頁目「下絵の表示」

江上宿六です。

 

散々能書きを垂れて来ましたがいよいよ実践までやってきました。

下絵の用意はどうですか。 無いなら私が作ったやつで良ければどうぞ。

f:id:y6yegami:20180430232011p:plain

造形やらなにやら色々と最適化はされてません。

元々公開するつもりで描いたわけではありませんからね。 

 

余談ですけどオリキャラは良いですよ。 見本通りに作らなければ

という強迫観念もありませんし、アレンジなんかもし放題です。

なにより愛着が持てます。

 

では、始めていきましょうかね。 まずは下絵を表示しましょう。

下絵を用意しても使わなければ意味がありません。

ということでBlender画面上に下絵を表示したいと思います。

 

Blenderのいつもの画面、3Dビューなんですけど、ここでNを押します。

ここでぱかぱか出てくるのがプロパティシェルフというやつです。

下にスクロールしていくと、下絵と書かれたパネルがあります。

ここのチェックボックスにチェックを入れておきましょう。 そして

パネルを開いたら、画像を追加ボタンを押します。

f:id:y6yegami:20180430233753p:plain

するとまたなにやら表示されるので、開くボタンを押し、用意した

下絵となる画像を選択します。 これで下絵が表示され、ませんよね。

表示された人も居るとは思いますけども。

 

下絵を表示させるにはいくつか条件があります。

まず視点が特定の方向である必要があります、これはフロントであったり

ライトであったり、テンキー等で移動出来る視点の事です。 マウス等で

グリグリ動いたユーザー視点では表示されないと思います。

 

そしてもう一つ、投影方法が平行投影である必要があります、多分。

これは以前にパースがどうこうと言っていた所で、Num5でこれらの

投影方法を切り替える事が出来ます。

 

視点をフロント等にして平行投影に切り替えたら、表示されましたよね。

f:id:y6yegami:20180430235423p:plain

これで作業の準備は完了です。

 

既にそこそこ縦長になりましたなあ、記事が。

ここから次の作業に入ったら切り所が難しくなりそうなので

今回はここまでで。 まぁ、今後もさくさく記していきますかね。