二代目備忘録

適当に勉強した事を忘れないように講座風に書き留めたりするブログ。

定例自分語り。

江上宿六です。

 

Unityの備忘録はどんな感じですかねえ、個人的には教本から逸脱していて、

本当に自分がどれだけ理解していて、構築できるかが勝負になっているホントに

ガチな自分向けの備忘録になってきているわけですが。

 

とは言っても自分がゲームを作るために培ってきた下地がですね、Unityでは

「それ普通に機能として用意してあるから」と突っぱねられるような懐の深さは

驚かされますね。 下地があるから擦り合わせて理解出来ているんでしょうけど。

 

ではあの空間の事です。

f:id:y6yegami:20180713200300p:plain

前の子が色々と反応を頂けていたので、新たな子についてはコンセプトだったり

全体的な出来は向上してましたが、正直どれだけ反応が頂けるか疑問でした。

結果はみんな優しい、暖かい世界だったという事です、鮮度があるうちは。

 

今はUnityの方にかかりっきりだったりで新たにモデリングは出来てませんが、

現在企画設計してるゲームのキャラを作ってお披露目することもあるかもですね。

もしくは既存の他のうちの子を作ったりとか、まぁ、そんな事は考えています。

 

追記

このようにして事故るのでTwitterをやってはいけない(戒め)