二代目備忘録

適当に勉強した事を忘れないように講座風に書き留めたりするブログ。

もっと効率的に。

江上宿六です。

 

キャラの設計図があれば作るのはある程度は容易、という事で新うちの子です。

f:id:y6yegami:20181104121348p:plain f:id:y6yegami:20181104123044p:plain

前の子の妹で、うちの子の中では珍しく黒目が普通サイズの子。

背を高くする為にサイズ上げたら当然ながら顔もかなり大きくなったのでアレ。

この辺は実際に使うとき同じサイズにするから別にどうでも良いやつ。

 

虚弱で性格難だが知的で家庭的な姉と、それを慕って甲斐甲斐しく支える

ガテン系な妹によるハートフルなようなそうでもないようなRPG(不明)。

 

三角面は4150、髪の毛をペラペラにした分だけ姉よりローポリになった感じ。

ぱっと見ではそんなに違和感がないように見えるが、回転させると少し微妙かも。

 

よくあるYシャツとスカートとベストの組み合わせ。 コルセットとスカートは

一体化させる案もあったが、色合いを考えた結果分断して色に違いをつけた。

本当はショルダーアーマーを着せたかったりした。 竹アーマー案もあった。

相変わらずデザインセンスは死んでいる。

 

今回はだいぶ省エネで作ったというか、試したいことを試しました。

f:id:y6yegami:20181104162716p:plain

とりあえず目元を大胆に切り抜きました。

f:id:y6yegami:20181104162732p:plain  f:id:y6yegami:20181104162753p:plain

下絵から目の平面を作り、それをシュリンクラップで目元に貼り付けます。

f:id:y6yegami:20181104163001p:plain f:id:y6yegami:20181104163008p:plain

メッシュを繋ぎ直したら形状を調整し、目玉部分を作って完了です。

こういう感じでこの目元部分をいくつか作る事で今後このフォーマットでの

キャラ作りが楽に出来ないかと考えたんですけども、どうなんでしょうかね。

作っておけば便利かもしれないけど、そんなに使わない未来が見える感じですが。

 

Unityに持ち込む事を考えると、色々な悩みが出てきます。

この目元パーツ無しでUnityにインポートして、後から目元パーツを追加して

表示したり別の目元パーツに切り替えてキャラクリみたいなのが出来るのかとか、

オフセットはどうなるのかとか。 まぁ、やってみれば良いんでしょうけど。

武器とか道具を持たせたりとかね。

 

設計済みのキャラはあと2人居るけど、まぁ、Unityで遊んでからでいいかなと。