二代目備忘録

適当に勉強した事を忘れないように講座風に書き留めたりするブログ。

Unity備忘録25頁目「3Dモデルのインポート」

 江上宿六です。

 

3Dモデルを使って何かやる事が多くなりそうなので、アニメーションとかの前に

最初の方から記していこうと思いまして、今回はインポートとかをやります。

 

モデルのインポート方法はいたって簡単、モデルのファイルをアセットに

ドラッグ&ドロップしてやるだけです。

f:id:y6yegami:20181129183703p:plain

インポート出来ました。 自動的にマテリアルも作られますが、真っ白です。

テクスチャがインポートされてないのでこのようになってしまいました。 なので

引き続きテクスチャもインポートします。 インポートしたらマテリアルを選択し

インスペクターのAlbedoの所にテクスチャをドラッグ&ドロップしましょう。

f:id:y6yegami:20181129184754p:plain

f:id:y6yegami:20181129184744p:plain

全てのテクスチャを割り当てた状態です。 当たり前ですけど、それぞれ正しく

テクスチャを割り当てましょう。 滅茶苦茶でも面白いかもしれませんが。

 

因みに先にテクスチャをインポートした状態でモデルをインポートする事で

この辺のセットが自動で行われますが、自力で設定する方法とかも知っておいて

損はないでしょう。

 

このモデルの表示のされ方ですけど、これはStandardなシェーダーを用いて

描画をしているという感じです。 マテリアルを選択してインスペクター内の

スライダーを動かすことでメタリックな質感に出来たり大した物なのですが、

自分の想定している表示のされ方ではないので、少しいじってみる事にします。

f:id:y6yegami:20181129190747p:plain

インスペクター上部のShaderの部分、今はStandardと書かれている所をクリックし

その中からUnlit→Textureと選択するとシェーダーが切り替わり、表示も変わります。

f:id:y6yegami:20181129191038p:plain

このUnlitというシェーダーはあまり光源の影響を受けない感じのものっぽくて、

アニメ調のキャラを描画するのにはもってこいで、なかなか愛用しています。

透明度を持っているテクスチャを扱う時はUnlit→Transparentを選ぶと良いでしょう。

 

インポート編はこんな感じで。 次回こそアニメーションだと思います。