二代目備忘録

適当に勉強した事を忘れないように講座風に書き留めたりするブログ。

Blender備忘録51頁目「アニメーションを作る2」

江上宿六です。

 

引き続きアニメーションを作っていきます。

前回は単純なオブジェクトでしたが今回はボーンの入ったモデルです。

難しさは大して変わりませんが、データ量の差による大変さの違いはあります。

f:id:y6yegami:20180903222244p:plain

まずモデルを配置します。 エルフ娘さんです、新しい方が出来が良いですので。

配置が出来たらまずバーを0フレーム目に移動させます。 次にポーズモードにして

ボーンを全選択したらIキーでキーフレーム挿入メニューを開き、位置/回転を

選択してキーフレームを登録します。

 

モデルの場合はこのようにボーンを登録して動かします、自分の場合はですが。

ともかく、まずはこのように0フレーム目に基本のポーズを登録しておくことで

アニメーションが作りやすくなると思います。

 

次に動きを作るわけですが、どう動かすかを考えていないと動かしようがないです。

とりあえず今回は両手を上げ下げアニメーションを作ってみましょう。

 

ポーズを作る前にバーをポーズの登録を行う10フレーム目に移動しておきましょう。

ポーズを作った後にバーを動かすとその動かした先のポーズが読み込まれ、

現在の変更が破棄されてしまうことがあるので注意です。 あらかじめ全選択して

Ctrl+Cでボーンの状態をコピーしておけば、後でペーストする事も可能です。

f:id:y6yegami:20180902234410p:plain

ともかくこんな感じでポーズが出来たらボーンを全選択し、Iキーのメニューから

キーフレームを登録します。 選択するボーンは変更のあったボーンだけでも

もちろん構いませんが、今回はとりあえず全てのボーンを登録します。

 

続けて20フレーム目に最初の立ちポーズを登録します。 0フレーム目を選択して

ボーンを全選択してコピーし、20フレーム目でペーストするのでも良いですが、

こういう処理はドープシート上でも行うことが出来ます。

f:id:y6yegami:20180903224956p:plain

ドープシートの一番上のキーフレームを右クリックするとそのフレーム上、

今回は0フレームに存在しているキーフレームを全て選択してくれます。

選択が出来たらCtrl+Cでコピーして20フレーム目を選択しCtrl+Vでペーストする、

もしくはShift+Dで複製して20フレーム目に配置する、という感じでフレームを

配置する事ができます。

 

レンダー設定や、タイムラインウィンドウの所で終了フレームを20にセットしたら

アニメーションを再生しましょう。

f:id:y6yegami:20180902235246g:plain

手を上げ下げするアニメーションが無事完成しました。 なんかシュールなので

表情を加えてみましょう。 10フレーム目を選択し表情を変更させた後、再び

ボーンを選択してキーフレームを登録します。

f:id:y6yegami:20180903230038g:plain

表情が変わるようになりました。 まぁ、シュールなのに変わりはありませんが、

このように後から変更を加えるのも容易に出来るというわけです。

 

さてアニメーションが出来たら保存をしたいですよね。 ドープシート画面の

下部のメニューにあるリストを選択してアクションを選択します。

f:id:y6yegami:20180902223256p:plain f:id:y6yegami:20180903230755p:plain

そうしたら横にこんな感じのものがあるので、名前を入力してFボタンを押します。

Blenderは何にも割り当てられていないマテリアルなどのデータは自然消滅するので

それを防ぐためにこのF、フェイクユーザーというのを使います。

 

こうする事で隣の×ボタンを押してドープシートをまっさらにしても

名前をつけたアニメーションを呼び出せるようになる、つまり保存しておく事が

出来るということです。

 

こうやって作ったアニメーションは他のソフトに持ち出して使う事も出来るので

まぁ、色々やってみると良いと思います。

 

そんなわけで今回は終わりです。

次回もアニメーションというか、自分が最近知って記したくなったやつの回です。

この数回にわたるアニメーションのを記すことになった元凶です。

 

ちゃんとしたものを用意する為、少し時間がかかる可能性が。

また新たな子を作りたかったりもしますからね。