二代目備忘録

適当に勉強した事を忘れないように講座風に書き留めたりするブログ。

Blender備忘録5頁目「使えると捗る操作1」

江上宿六です。

 

使えると捗る操作とは書きましたが、やはり基本操作の部類です。

でも実際にキャラクターを使っていくのによく使うものばかりなので

仕方がないんですね。

 

Ctrl+R:ループカットとスライド

ループカットは面等に対して行われる操作で、それらをスライスするように

頂点や辺を生成します。 Ctrl+Rを押し、立体の上にマウスを持っていくと

紫色の線が表示され、この時にカットする方向を決められます。

クリックをするとオレンジ色の線になり、カットする場所が選べます。

f:id:y6yegami:20180427180857p:plainf:id:y6yegami:20180427181211p:plain

使う場面は多数ありますが、大まかな形が出来ている時とかで

もう少し細かく調整したいとか、動かす頂点が欲しい時とかに使えます。

線が紫の時にホイールを動かすと分割数を変える事ができます。

 

また、カットする場所を決定する前に右クリックをする事で、

中心の所でカットする事が出来ます。 このように右クリックする事で

便利な状態を作る操作は他にもあるので、色々試してみましょう。

 

K:ナイフ

面等を切って頂点や辺を生成します。 ループカットと似ていますが、

こちらはより細かく頂点などを作る事が出来ます。 Kを押し、画面上の

任意の場所をクリックするとそこが始点となり、引き続きクリックを

していくことで切断する場所を決めることが出来ます。 

Enterで適用です。

f:id:y6yegami:20180427183431p:plainf:id:y6yegami:20180427183436p:plain

ナイフは細かく切ることが出来るのが便利で、キャラクターの

服などの模様を作る時などに使ったりする事があります。 また、

ループカットが状況的に使えない局面でも切ることが出来て便利です。

 

 Wメニューから「細分化」を選択:細分化

ショートカットキーが無いのでメニューから選択する必要があります。

辺に対して行う事が出来、その辺の中間に頂点を配置する事が出来ます。

f:id:y6yegami:20180427184355p:plainf:id:y6yegami:20180427184359p:plain

頂点数とか辺を調整するときとかにも割と使います。

 

 J:頂点の経路連結

選択した頂点を繋ぐ辺を生成します。 多分面が無いと使えないはず。

f:id:y6yegami:20180427185321p:plainf:id:y6yegami:20180427185340p:plain

自分は細分化とセットで使ったりします。 辺や形の調整などに。

 

 F:辺/面作成

選択した頂点を繋ぐ辺を生成、面が無くても辺が生成される。

f:id:y6yegami:20180427192947p:plainf:id:y6yegami:20180427192951p:plain

また、3点を選択すれば三角面、4点なら四角面が生成される。

f:id:y6yegami:20180427192955p:plain f:id:y6yegami:20180427192959p:plain

あまりこの例のような使い方はしない気がするが、離れた二つの面を

繋ぐために4点を選択して面を作るみたいな使い方はたまにありそう。

または頂点の削除などで面が破れた場合とか、とりあえず穴のあいた面を

塞ぎたい時には使ったりするかもしれない。

 

使える操作はまだまだあるので次回に続く。