二代目備忘録

適当に勉強した事を忘れないように講座風に書き留めたりするブログ。

Blender備忘録23頁目「体のモデリング4」

江上宿六です。

 

前回で手も足も出来て、まさに素体が出来上がったという感じですね。

その素体を流用したりして色々とキャラを作るのも良いし、他のキャラを作る時に

新たに体から作っても良いし、選択肢は色々です。 用途が明確でない場合は

毎回作った方が練習にもなりますし、新たな発見もあったりしますよ。

 

さて、服を作っていくのですが、見ての通りと言いますか、今回のうちの子は

布面積が少なく体にぴったり張り付いている部分が多い優しいデザインです。

早速作っていきましょう。

 

とは言いましても、下絵に沿ってナイフを入れていくだけです。

フロント視点にして、Zでワイヤーフレームモードにしてナイフでぽちぽち。

うまく頂点を通るようにすると頂点数が押さえられますが、意識しすぎて

頂点を動かす事になると形が崩れる事もあるので気をつけましょう。

f:id:y6yegami:20180512215711p:plain f:id:y6yegami:20180512215920p:plain

ナイフで線を作ったら出来た面を選択し、マテリアルを選択して割り当てます。

あれ、マテリアルの割り当てとか説明したっけかな。 まぁ、いいや。

背面もこのように作ります。 胸回りの赤線がサイドで下がり、そのままです。

 

手や足の部分も体に張り付いている形状なので同様に作っていきます。

腕の部分はアームウォーマーで、手は指ぬきグローブとマニキュアです。

脚はボーダーのオーバーニーソックス、靴はパンプス風のなんか靴です。

f:id:y6yegami:20180512221159p:plain f:id:y6yegami:20180512221206p:plain f:id:y6yegami:20180511155140p:plain

特に難しい点はないと思います。 ソックス部分はループカットを使うと

作りやすいと思います。 しかしボーダーソックスにしたせいで足部分の面が

増えてしまったのを若干後悔があるといいますか。 辺も多かったです。

 

続いてスカートです。 これはなんかレイヤードというか二重になってます。

内側のプリーツスカート風なやつから作った方が楽だと思います。

下絵ではなんかフリルついてますけど、プリーツにします。

f:id:y6yegami:20180512224813p:plainf:id:y6yegami:20180512225559p:plain

腰回りの辺を選択してShift+Dで複製し、Pで別オブジェクトに分離したら

押し出しを使って下絵の高さあたりまで伸ばしていきます。 このときに結構

貫通してしまうので、うまくサイズを調整して伸ばしていきましょう。

 

出来たら選択モードを辺選択にし、スカートのひだになる部分を選択し、

Alt+Vで切り裂きフィルをします。

f:id:y6yegami:20180512232157p:plain

この切り裂きフィルをした状態で収縮/膨張をしたい所なのですが、なんか

上手く行かないので頂点選択に戻して一番下の辺をループ選択し、

下のバーの選択メニューからチェッカー選択解除を選びます。

f:id:y6yegami:20180512232532p:plain f:id:y6yegami:20180512232807p:plain

左下の所でこのように設定すると、一つ置きに選択を解除してくれます。

この状態で収縮を行ってみましょう、膨張でもいいです。

f:id:y6yegami:20180512233047p:plain

このようにひだとなる部分が出来ると思います。 その上の頂点も

切り裂きフィルをされているので、同様に選択してチェッカー選択解除をして

収縮、膨張しましょう。 その際に違う頂点が選択解除される事がありますが

そういう時は左下のオフセットをいじると選択解除される場所がズレるので

望んだ結果が得られると思います。 変形させてプリーツスカートは完成です。

 

次に外側のレース付きのスカートを作りたいと思いますが、

長くなったので次回にするとします。

 

余談として、これを実際作ったときはこのひだ部分を一枚一枚作ってました。

便利な方法があるものです、作り置きしていた講座画像は無駄になりましたが。