二代目備忘録

適当に勉強した事を忘れないように講座風に書き留めたりするブログ。

Blender備忘録37頁目「マテリアルの設定3」

江上宿六です。

 

やはり今回も長くなりそうなので早速始めていきましょう。

f:id:y6yegami:20180527173611p:plain

前回肌のマテリアルをノードを使う事で色調を調整しました。

髪にも同様のノード設定を施した結果、まぁ、そんなに悪くは無いのですけども

もう少し何か欲しい感じだったりしませんかね、ハイライトあればとか。

ノードでなんかそれっぽい事が表現出来たりするようです。

 

髪のマテリアルを選択してノードを使うボタンを押します。 ノードエディターの

画面にしたらShift+A等で追加→入力→ジオメトリとし、ノードを追加します。

f:id:y6yegami:20180527182846p:plainf:id:y6yegami:20180527183627p:plain

このノードのノーマルというやつは放線の情報を出力してるやつで、それを

直接出力に繋ぐとこういう感じで色が付けられたりします。 ある種魅力的。

これの緑色は縦方向の情報らしいので、それだけを使うため追加メニューから

コンバーター→RGB分離としてノードを追加したらノーマルから繋ぎ、

Gから出力すると後者の画像のようになります、これが髪の毛感を出します。

f:id:y6yegami:20180527184527p:plainf:id:y6yegami:20180527184535p:plain

 更にRGBカーブを追加し、Cの所でYを0.5にして出力したのが後者の画像。

暗すぎる所が明るくなったというか、放射に0.5入れたみたいな感じですかね。

ここまで出来たら肌の時にやった時みたいにカラーランプを追加し、

色を設定すれば良いのですが、まだ少しだけやったら良い事があったりします。

 

ともかくカラーランプを追加し、RGBランプからカラーランプに繋ぎます。

グラデーション(カラーバンド)の中にあるカーソルなやつ(カラーストップ)を

3つほど追加し、黒灰白灰黒と色づけをし、髪の毛のハイライト感を作ります。

f:id:y6yegami:20180527193141p:plain f:id:y6yegami:20180527193154p:plain

黒髪だとしたらテカりすぎですけども、髪感は出てきたんではないでしょうか。

 

最後にこれに対して色を設定していくというか、ミックスさせていきます。

デフォルトで作られるマテリアルノードに前回作った光る所は白で影は黒になる

マテリアルを設定します。 このマテリアルノードが無い時はShift+Aの追加、

入力→マテリアルで追加する事ができます。

 

更に追加、カラー→ミックスRGBというのを2つ追加し、最初の方のミックスに

カラーランプからのカラーを色1に繋げ、色2にはマテリアルを繋げます。

そして2つ目のミックスは色を設定します。 色1には影色、色2には光色です。

f:id:y6yegami:20180527195133p:plain

そして2つ目のミックスから出力に繋ぐと、どうでしょうか。

髪にハイライトっぽい感じの表現が多分出来たのではと思います。

f:id:y6yegami:20180527195558p:plain

この辺のミックスの設定をいじって、自分好みにしてみると良いと思います。

因みに自分の所では、最初のミックスをスクリーンに変更しています。 これは

お絵描きでも割とスクリーンを使っているという理由だけですけども。

f:id:y6yegami:20180527195731p:plain

最終的なノード図です。 これだけ見せて設定しろ、でも別に良いんですけど

出来るだけなんかやってみたつもりです。 教本見ながらやっていた時は

なかなか拒否反応があったんですけども、今はこれを使ってどんな事が出来るのか

興味がなかなかあります。

 

というわけで今回は終わりですね。 もうこの辺は他のマテリアルにも

肌のノードか髪のノードに対してやった事を同じ様にやるだけなんですけども、

そういう時に役立つかもしれない事を書こうかと思います、短いかも。